JIMROJIMRO

医療関係者の方へ

GMA20周年特設ページ:GMA治療の歩みと可能性

Adacolumn 20th Aniversary

アダカラム動画シリーズ

潰瘍性大腸炎(UC)の治療戦略

―エキスパートが語る実践的なGMA活用法―

最新のIBD治療環境を踏まえた上で、IBD治療の専門の先生方に炎症性腸疾患の治療戦略と、実践的なアダカラム(GMA)活用方法をご紹介していただきます。

シリーズ一覧※新着順

東京都アダカラム動画シリーズVol. 3

高齢者UCにおける課題と対策

東京女子医科大学消化器内科
伊藤 亜由美 先生

近年、高齢者潰瘍性大腸炎(UC)患者が増加を続けていますが、その治療にあたっては、併存疾患や感染症、ポリファーマシーなどへの注意が求められます。特に、感染症や悪性腫瘍が危惧される場合は、薬剤を投与しにくいことも少なくはなく、非薬物療法であるアダカラム治療(GMA)に期待が集まっています。そこで、各種臨床知見や治療指針などに基づき『高齢者UCにおける課題と対策』について、ご解説いただきました。

動画を見る

福岡県アダカラム動画シリーズVol. 2

ステロイドとGMAの併用について

福岡大学医学部医学科
教授 平井 郁仁 先生

ステロイドは、潰瘍性大腸炎(UC)治療において重要な役割を果たしますが、安全性については十分な注意が求められます。特に、感染症リスクの上昇は、近年増加を続ける高齢UC患者(重症例)において、生命予後にも関わる重要な課題となります。そこで、各種データや治療指針などをふまえて、安全性を重視した選択肢の一つとして、『ステロイドとGMA(アダカラム治療)併用の可能性』について、ご解説いただきました。

動画を見る

北海道アダカラム動画シリーズVol. 1

CMV再活性化に対するUC治療戦略

札幌医科大学消化器内科
教授 仲瀬 裕志 先生

潰瘍性大腸炎(UC)におけるサイトメガロウイルス(CMV)の再活性化は、UC治療を複雑化させる一因となっています。そこで、UCにおけるCMV再活性化を考慮した診断と治療のあり方について、ご解説いただきました。

動画を見る