JIMROJIMRO

医療関係者の方へ

医療関係者の方へ トップページ

Adacolumn 20th Aniversary

GMA20周年特設ページ

GMA治療の歩みと可能性

2020年に保険適用20周年を迎えました顆粒球吸着療法(GMA)について、全国の先生方より、動画シリーズ『潰瘍性大腸炎(UC)の治療戦略』およびインタビュー記事シリーズ『GMA 20年の臨床知見からの提言』の二つの形式にてお話を伺いました。

GMA20周年特設ページはこちら

東京都アダカラム動画シリーズVol. 5

UCにおけるGMAのClinical Questionの解決

杏林大学医学部 消化器内科学
教授 久松 理一 先生

2000年に潰瘍性大腸炎(UC)に対して保険適用となった顆粒球吸着療法(GMA)について、これまで20年に及ぶ臨床経験が積み重なり、併せて様々なエビデンスが構築されてきました。そこで、UC治療におけるGMAのクリニカルクエスチョン(CQ)の解決に向けて、これらのエビデンスや治療指針に基づいて、ご解説いただきました。

動画を見る

埼玉県アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 27

特殊背景(妊婦/高齢者)を有するIBDに対する治療戦略とGMAの意義

防衛医科大学校 内科学(消化器) 教授
穂苅 量太 先生

IBDは若年層に好発するため、女性の場合には妊娠・出産適齢期と重なることが問題となります。また高齢化社会に伴い、高齢IBD患者数が近年増加傾向にあります。妊婦や高齢者、いわゆる特殊背景を有するIBD患者への治療は、感染症のリスクをはじめとして、安全性の考慮がより一層求められます。そこで今回は、妊婦と高齢者の治療における留意点に加え、消化器領域全般とIBDにおいて注目されているTopicについて併せて解説いただきました。

記事を見る

アフェレシスデバイス


血球細胞除去用浄化器 アダカラム

アダカラムは、潰瘍性大腸炎、クローン病、膿疱性乾癬および関節症性乾癬の症状を改善する治療に使われる医療機器で、 体外循環法により末梢血から主に顆粒球・単球を吸着除去します。

製品の詳細はこちら