JIMROJIMRO

医療関係者の方へ

GMA20周年特設ページ:GMA治療の歩みと可能性

Adacolumn 20th Aniversary

アダカラムインタビュー記事シリーズ

GMA 20年の臨床知見からの提言

全国のIBD専門の先生方から、最新のIBDにおける治療環境を踏まえた上で、様々な角度からGMAの日常診療における活用方法や工夫、メリットや課題をお話しいただきます。

シリーズ一覧※新着順

北海道アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 8

UC治療における選択肢の多様化とGMAに期待される役割

JA北海道厚生連 帯広厚生病院
消化器内科 内視鏡室 主任部長
柳澤 秀之 先生

多くの新薬が登場し治療選択肢が広がったことにより、再燃を繰り返すUCの治療成績は飛躍的に向上しました。一方で、各治療不耐例や副作用への対応が求められています。今回は、実臨床での寛解導入率および寛解維持率を向上させるポイントやノウハウについて、GMAの役割と共に伺いました。

記事を見る

埼玉県アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 7

IBDの外来通院治療によるQOL向上とGMAが果たすべき役割

大森敏秀胃腸科クリニック
院長
大森 敏秀 先生

近年、限られた医療資源の効率的な運用に向けて、地域医療連携の推進が図られており、IBD診療においてもクリニックに対する期待がより一層高まっています。今回は、IBDの外来通院治療を成功させるポイントとGMAが果たすべき役割についてお話を伺いました。

記事を見る

富山県アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 6

UC治療における薬物療法の変遷とGMAに期待される役割

富山県立中央病院 消化器内科
部長
松田 耕一郎 先生

近年のUC治療は、様々な新薬の登場により大きな進歩を遂げましたが、それら新薬も単剤では効果に限界があるのも実情です。今回は、UC治療の基本とされるステップアップ療法の重要性と、その中でGMAに期待される役割についてお話を伺いました。

記事を見る

岡山県アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 5

IBD治療における多職種連携の意義とGMAに求められる役割

医療法人天馬会 チクバ外科・胃腸科・肛門科病院
副院長・IBDセンター長
垂水 研一 先生

IBDに対しては、多職種によるチーム医療が治療成績やQOLの向上に寄与すると考えられています。そこで、多職種連携を推進する上でのポイントについてお話を伺い、さらに近年注目を集めているIBD診療において注意すべき感染症についても解説いただきました。

記事を見る

岐阜県アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 4

UC治療における粘膜治癒の意義と内視鏡診療の重要性

岐阜大学医学部附属病院
光学医療診療部
臨床教授 荒木 寛司 先生
(現 松波総合病院 副院長/光学診療センター長/炎症性腸疾患センター長)

IBDに対する光学診療は進歩を続けており、負担の少ない内視鏡検査が広がりつつあります。さらに粘膜治癒を目指す治療が一般化していることから、今回は臨床における適切な内視鏡検査のタイミングとGMAの役割についてお話を伺いました。

記事を見る

埼玉県アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 3

高齢発症IBD患者における課題とGMAに期待される役割

埼玉医科大学総合医療センター
消化器・肝臓内科
 准教授
  加藤 真吾 先生(写真中央)
 講師
  可児 和仁 先生(写真左)
 助教
  石橋  朗   先生(写真右)

近年、高齢IBD患者が増加しています。高齢者では、感染症に対して脆弱性を示すなど治療が複雑化しやすい傾向があります。そこで、高齢者を診療する際の注意点と、GMAの可能性についてお話を伺いました。

記事を見る

愛知県アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 2

IBDの長期寛解に向けた生物学的製剤とintensive GMA併用の可能性

名古屋市立大学大学院医学研究科
消化器・代謝内科学
准教授 谷田 諭史 先生

生物学的製剤の登場は、IBD治療を躍進させる契機となりましたが、単剤治療における寛解導入率には限界があるのも実情です。そこで、寛解導入率の向上や粘膜治癒の実現に向けて、生物学的製剤とGMAの併用療法の可能性についてお話を伺いました。

記事を見る

愛知県アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 1

IBDにおける直腸肛門病変の重要性とGMA集中治療の可能性

医療法人愛知会 家田病院
 副院長・IBD部長
  太田 章比古 先生(写真中央)
 薬剤師 課長
  杉浦  洋 先生(写真左)
 看護部長
  藤原  恵子 先生(写真右)

IBDにおける直腸肛門病変は、QOLへの影響が大きいことから、外科領域のみならず内科領域においてもケアが求められています。そこで、直腸肛門病変の診療における留意点と、さらにGMA治療の可能性についてお話を伺いました。

記事を見る