JIMROJIMRO

医療関係者の方へ

アダカラム学会セミナー情報

共催学会と演者の先生から許諾を頂いた講演のみ、動画配信と資料公開を行っています。

JDDW2019Kobe サテライトシンポジウム(共催:アルフレッサ ファーマ株式会社)

IBDにおけるバイオマーカーの活用

-NUDT15 遺伝子多型と便中カルプロテクチン-

座 長:  中村志郎先生(兵庫医科大学 炎症性腸疾患内科)
開催日:  2019年11月23日
場 所:  神戸国際会議場
演目・演者

既存治療を中心としたUC治療戦略の再考
~NUDT15測定の有用性~
角田洋一先生(東北大学病院 消化器内科)

便中カルプロテクチンによるIBD治療の最適化
~当院での臨床研究から~
山本隆行先生(四日市羽津医療センター IBDセンター)

第74回日本大腸肛門病学会学術集会 ランチョンセミナー(共催:アルフレッサ ファーマ株式会社)

潰瘍性大腸炎診療の見直し

~便中カルプロテクチンとGMAの役割を考える〜

座 長:  仲瀬裕志先生(札幌医科大学 医学部 消化器内科学講座)
開催日:  2019年10月12日
場 所:  ヒルトン東京お台場
演目・演者

潰瘍性大腸炎の実臨床における便中カルプロテクチンの役割
小林拓先生(北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター)

外科からみた潰瘍性大腸炎診療におけるGMAと便中カルプロテクチンの役割
畑啓介先生(東京大学医学部 腫瘍外科)

第34回日本乾癬学会学術大会 ランチョンセミナー

膿疱性乾癬における非薬物療法GMAの使いどころ

座 長:  金蔵拓郎先生(鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 皮膚科学)
池田志斈先生(順天堂大学大学院 医学研究科 皮膚科学・アレルギー学)
開催日:  2019年08月31日
場 所:  京都ホテルオークラ
演目・演者

皮膚科領域におけるGMAの役割について再考する
川上洋先生(東京医科大学 皮膚科学分野)

膿疱性乾癬の治療と顆粒球単球吸着除去療法
多田弥生先生(帝京大学医学部附属病院 皮膚科)

第64回日本透析医学会学術集会・総会 スイーツセミナー

炎症性腸疾患における顆粒球吸着療法

~より良い使い方を考える~

座 長:  花房規男先生(東京女子医科大学 血液浄化療法科)
開催日:  2019年06月29日
場 所:  パシフィコ横浜
演目・演者

炎症性腸疾患に対するCAP療法の現状と血液浄化施設が担うべき役割
奥田剛先生(翠悠会高田診療所)

当院におけるGMAの過去と未来
奈倉倫人先生(帝京大学医学部附属病院 腎臓内科)

第105回日本消化器病学会総会 モーニングセミナー

IBDにおけるCMV感染とGMA

座 長:  安藤朗先生(滋賀医科大学内科学講座 消化器内科)
開催日:  2019年05月10日
場 所:  ホテル日航金沢
演目・演者

GMAによる潰瘍性大腸炎の予後と再燃へのGMA再治療
~CMV陽性症例も含めて~
福知工先生(医誠会病院 消化器内科/内視鏡センター)

The involvement of cytomegalovirus in the pathophysiology of inflammatory bowel disease
仲瀬裕志先生(札幌医科大学医学部 消化器内科学講座)