JIMROJIMRO

医療関係者の方へ

学会・講演会情報

共催学会と演者の先生から許諾を頂いた講演のみ、動画配信と資料公開を行っています。

AOCC 2022(The 10th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis) イブニングセミナー

Best evidence to answer the clinical question of GMA treatment for Ulcerative colitis

座 長:  日比紀文先生(北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター)
開催日:  2022年06月17日
場 所:  オンライン開催
演目・演者

Best evidence to answer the clinical question of GMA treatment for Ulcerative colitis
久松理一先生(杏林大学医学部 消化器内科学)

第103回日本消化器内視鏡学会総会 コーヒーブレイクセミナー

これからのIBD治療に対してGMAは貢献できるか?

~UC・CDから~

座 長:  猿田雅之先生(東京慈恵会医科大学内科学講座消化器・肝臓内科 )
開催日:  2022年05月14日
場 所:  ハイブリッド開催
演目・演者

クローン病におけるGMAの使いどころ
福知工先生(医誠会病院消化器内科/内視鏡センター)

大切なUC寛解維持療法
~GMAによる新展開~
渡辺憲治先生(兵庫医科大学炎症性腸疾患センター内科)

第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会 アフタヌーンセミナー

粘膜治癒から考える維持療法

― モニタリングを含めて―

座 長:  日比紀文先生(北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センター )
開催日:  2021年11月26日
場 所:  ハイブリッド開催
演目・演者

便中カルプロテクチンを用いたTreat-to-Targetの実際
竹内健先生(辻仲病院柏の葉消化器内科)

寛解維持療法としてのGMA
~更なる患者さんへの貢献~
日比紀文先生(北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センター )

第42回日本アフェレシス学会学術大会 アフタヌーンセミナー

患者志向のアフェレシス治療を考える

座 長:  花房規男先生(東京女子医科大学血液浄化療法科)
開催日:  2021年10月16日
場 所:  ハイブリッド開催
演目・演者

多様化する炎症性腸疾患の治療法
~アフェレーシスの受容性とコロナ禍における展望について
筋野智久先生(慶應義塾大学病院内視鏡センター)

SDMのススメ
~共同意思決定を行う意義と可能性
山田哲弘先生(東邦大学医療センター佐倉病院消化器内科)

第36回日本乾癬学会学術大会 スイーツセミナー

乾癬におけるGMAの意義を考える

座 長:  金蔵拓郎先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科皮膚科学)
開催日:  2021年09月03日
場 所:  ハイブリッド開催
演目・演者

乾癬性関節炎に対する顆粒球・単球吸着療法をどう活用するのか?
辻成佳先生(大阪南医療センター臨床研究部免疫異常疾患研究室 リウマチ科)

バイオ時代の顆粒球・単球吸着療法
―乾癬でどう有効に使うか―
清島真理子先生(朝日大学病院皮膚科)